回虫の駆除方法

猫の回虫症について書いていきます。下痢や嘔吐などの症状や、原因・治療法までにふれます。
回虫とは猫によく見られる寄生虫で健康な猫に感染しても症状が現れないことも多いです。しかし、免疫力の低い子猫や、寄生数の程度によっては下痢や腹痛などを引き起こし、命を落とすこともあります。猫ちゃんは痛みや苦しいことを隠そうとします。

いつもと様子が違うなとスキンシップをとって早期発見・治療ができるようにしたいものです。ウンチは放置せず、すぐに始末するべきです。また、繁殖を予定している場合その前に胎盤感染を予防するために子虫を確実に駆虫します。

回虫を駆除するにはドロンタールプラスを猫に処方します。犬回虫は人間にも感染する可能性があるのです。虫卵が口からはいり、小腸で子虫になって、腸壁からいろんな臓器にうつり、人体に障害をあたえる場合があります。鉤虫は、白い虫で長さ1cmぐらいものです。

小腸に寄生して、小腸の粘膜にかみつき、血を吸って生きています。仔犬、仔猫に感染するとショック症状を起こし、死亡することさえあります。糞便とともに外界に排出された虫卵がふ化して子虫となり、土の中などで生きています。その子虫が口から腸に入り感染します。

また、子虫が皮膚や毛穴から体内に入ったあと、小腸に達し感染することもあります。どんなに愛猫がかわいくても、口同士の接触はすべきではありません。猫は自分の体をなめますので、口の中にはさまざまな雑菌がいますし、人間が猫にうつす病気もあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です